■ご挨拶
こんにちは、グリーン調剤は、北海道の大地に根ざし、地域の医療と健康への貢献
を使命に、患者様とお医者様から安心と信頼を得られる調剤薬局を目指しております。  

グリーン調剤のつの視点
総合病院前の開業とメディカルゾーンの企画開発による開業。
二つの事業領域を相乗的に連携させながら、グリーン調剤は、着実な実績を積み上げて来ました。
地域の医療拠点である総合病院前に、積極的に開業し拠点を構築。
グリーン調剤の店舗展開の基盤となったのが、総合病院近郊地における薬局の開業です。医師や医院、各種関係機関との連携をもとに、速やかに開業、サービスや対応、施設等を通じて、病院はもちろん患者様からも厚い信頼を勝ち得てきました。
店名はグリーン調剤の象徴であり、また常に若々しく発展してゆくとの願いが込められた「わかくさ」とし、今日も地域の健康への貢献を使命に、迅速かつ親身な対応に取り組んでおります。
                                 
 メディカルゾーンの企画開発等、新しいメディカルゾーンを創造。
総合病院前の開局と同時に地域が求めるメディカルゾーンの企画開発に着手、1科当たり10台以上の駐車スペースを確保する。高層ビル化しない使いやすい設計など、誰もが通院しやすい環境づくりと、市場調査に基き医師が開業したいと考える理想的な条件の整備‐‐‐‐。
地域のニーズを基盤とした「医療エリアを創造する」という新しい発想の基に、すでにいくつかのメディカルゾーンが誕生、地域社会の医療拠点という重責を担っております。

<サロベツ原野からの利尻山を望む>
更新日付2007/4/25